ニュース&トピックス

水耕栽培どっとネットからニュース&トピックス

硝酸イオンの危険性って知ってますか?

野菜やハーブに含まれる硝酸イオンですが、今日では人体に害がある物質である事が判明しております。そこで、収穫物の硝酸イオンを測る事が出来るコンパクト硝酸イオンメーターの販売を開始いたしました。

コンパクト硝酸イオンメーター
http://www.suikousaibai.net/otherItems/289.html

■□“ 硝酸イオン”って何??□■

◎硝酸イオンとは
・ 肥料として施されたアンモニア態チッソなどが酸化された窒素化合物で、作物に吸収される形。
・ 野菜の生育には不可欠な物質で、また自然界のどこにでも存在する窒素化合物。
・農産物の安全規範「GAP」で、野菜の品質を定める項目として取り上げられている。
GAPとは
GAPとはGood Agriculture Practiceの略で、農産物の生産段階において、食品の安全性を確保するために定められた規範です。
アメリカ、EUなど国際的にも普及が進められており、その中で硝酸イオン濃度が野菜の品質を定める項目として取り上げられています。
日本でも、自治体や各地のJAがGAPに取り組んでいるほか、JGAI協会が日本版GAP(JGAP)の統一基準の普及を目指して活動しています。

◎硝酸イオン過剰で起こる直接的な問題
・ 硝酸イオンが多いと糖の不足を招き、作物の生育は悪くなり、軟弱に育ってしまう。

・ 病気や害虫に侵されやすくなり、日持ちも悪くなる。また農薬散布回数も増える。
・ 作物種によっては「えぐみ」となり、美味しさにも影響すると言われている。

◎硝酸イオン過剰で起こる間接的な問題
・ 土に吸着されていた石灰などの塩基を引き出して土のEC(→ECとは)を高める。
・ 吸収されなかった硝酸態窒素は雨によって地下に流れ去って地下水汚染の原因となる。
・ 収穫物にも硝酸イオンが蓄積されることになる。 →人体への影響の懸念

◎硝酸イオン過剰で身体に悪影響を及ぼす可能性
・ 生育に活用されなかった硝酸イオンはそのままの形で収穫物内に残留し、体内に摂取される。
・ 収穫物内の硝酸イオンは人の体内で亜硝酸に還元され、メトヘモグロビン血症を引き起こす場合がある。

・ 食品中の第二級アミンと反応して発ガン物質を生成するなどの報告もあり、健康への害作用が懸念される。
・ 近年、硝酸の少ない野菜を求める声が高まっていることから、硝酸イオンを減らすことを意識して施肥・土つくりを考える農家が増えている。

◎硝酸イオンの過剰を防ぐ方法は?
・ 土壌の硝酸イオン過剰を招かない施肥計画・土づくりの実行。
・ 光合成を高め、窒素の代謝を良くする。
・ 診断方法は硝酸イオンメータによる樹液診断が一般的。

◎過剰な硝酸イオンの消化方法
・ 酢防除、海水など海のミネラル利用、糖やアミノ酸の葉面散布など。

現在地:トップページニュース&トピックス

ショッピングカートを見る

お問い合わせ

サンライト

水耕栽培どっとネットでは、100種類以上のライトシステム(メタルハライド、HPS、LEDランプ等)、最新の水耕栽培システム、オーガニック肥料などを豊富に取り揃えております。

家庭菜園 初心者の方へ。注目!完全無農薬野菜がこんなに簡単に作れるなんて!
植物工場 空きスペースで新ビジネス!水耕栽培システムを格安設計
施工例のご案内

054-270-4456