遊休地を有効活用! 今話題の植物工場のメリットとは?


植物工場という言葉を聞いたことありますか?
最近では、富士通や東芝などの大手企業が遊休地を植物工場として活用することを発表し話題となりました。
こういったニュースを耳にすると、大企業が広い空間を利用して行うものというイメージを持たれるかも知れませんが、植物工場の魅力は小さな空間でも効率良く野菜を育てることができる点にあります。
これまで野菜作りと言えば、畑で行うというのが当たり前でしたが、植物工場の普及によってその常識が覆されつつあるのです。
そこで今回は、今話題の植物工場についてご紹介します。

植物工場とは?

温度や湿度などの内部環境をコントロールした屋内空間で野菜を育てるシステムのことです。
太陽光の利用を基本とする「太陽光併用利用型」と太陽光を用いずに蛍光灯やLEDなどで栽培する「完全人工型」の2種類があり、多くの場合、土を使わない養液栽培によって野菜を生産します。

メリット

1年中安定して生産できる

植物工場の一番のメリットは季節や天気に左右されることなく、1年中安定して野菜を生産できるということです。
従来の生産方法では、猛暑・冷夏・暖冬・台風・霜・日照不足などによって生産料が大きく影響を受けてしまいますが、植物工場ではそういった心配はありません。
1年中生産が安定しているため、計画的な経営が可能となります。

無農薬で安心・安全

土を使わずに、閉鎖された環境の中で野菜を育てているため、雑菌や害虫などがつきにくいことが特長です。
そのため、従来のように農薬を散布する必要がありません。
簡単な洗浄だけで使用できるため、手間や水道費用などを抑えることができます。

短期間で多くの野菜を収穫できる

常に野菜の生育に最適な環境をキープでき、根から直接栄養分を吸収するため、土壌栽培に比べ生育が早いのが特長です。
収穫サイクルが早く、1年を通してたくさんの野菜を育てることができます。

いいこと尽くめの植物工場ですが、難点はコストがかかるということです。
ただし、既存の施設・設備を利用することで導入コストを抑えることができ、すでに多くの企業が遊休地などを使用して植物工場ビジネスに参入しています。
また、補助金・助成金などが出るケースもありますから、興味を持たれた方は是非以下のサイトをご覧ください。

http://www.suikousaibai.net/e-plantfactory/


Comments are closed.