植物工場とは

植物工場とは

コンテナ型植物工場

設置費用が安く栽培室の管理が容易な為、研究機関や企業様の試験栽培等に利用されてます。

州大学と企業連合が研究開発したコンテナ型植物工場「コンファーム」とは、ISO規格の貨物輸送用コンテナの内部に植物育成用のシステムを組み込んだ完全制御型植物工場の事を指します。

コンテナ型植物工場A

◆コンテナ式植物工場の特徴

(植物工場、水耕栽培の特徴を含む)

コンテナ型植物工場7連A

◆世界初7連型コンテナ植物工場

コンテナ型植物工場はスペースが限られている為、研究用には適してますが、ビジネスベースではメリットが少ないと言うのが今までの課題でした。その課題を解決するのが複数連型コンテナ植物工場です。1台のコントロールシステムで複数の栽培室を制御することでコストダウンを計り、ビジネスとしての採算性を高めた設計となっております。

7連コンテナ
設備・費用のことからビジネスの可能性まで無料相談受付中! 無料相談のお申し込みはこちら
ページのトップへ

現在地:トップページ ≫ 植物工場とは ≫ コンテナ型植物工場