植物工場とは

植物工場とは

全世界で注目の「植物工場」

植物工場はあらゆる分野で発展が期待されている新しい農業の形です。日本はもちろん世界でも注目度が高まっており、経済産業省や農林水産省も普及促進のため積極的にバックアップしています。以前、マイクロソフト創始者、ビル・ゲイツ氏が国連の会議で講演した際、『近い将来訪れるであろう世界規模の食料危機の解決策は?』という質問に、『水耕栽培しかないでしょう。』と発言したことはとても有名な話です。
水耕栽培とは植物工場内で採用されている土を使わずに植物を栽培する方法です。

「植物工場」とは?

「植物工場」という名前は日本人が考えた造語です。英語では「Plant Factory」と訳されますが、実際のところ海外ではこの言葉はあまり通用しません。どちらかというと「IndoorHydroponics(室内水耕栽培)」という方が外国人の方はピンとくるかもしれません。その言葉の通り、植物工場とは環境制御された屋内で野菜を育てることを言います。実際は土壌栽培でも水耕栽培でも、室内で行えば植物工場と言いますが、密閉された屋内で土を使用することは衛生上好ましくないため、水耕栽培を行うところがほとんどです。
従来の土壌栽培と比べた際のメリット・デメリットはこちらで詳しくご紹介しています。

植物工場はこんな場所・目的に有効!

社内の空きスペース・倉庫を活用

公共施設内でのアピール

使っていないビニールハウスを活用

農業の3K(きつい・汚い・くさい)イメージの払拭と就農者の確保

教育施設での活用

医療・高齢者・障害者施設での活用

店舗・レストランの空きスペース・駐車場等を活用

植物工場の種類

植物工場の種類は大きく2つに分けられます。閉ざされた屋内空間で人口光を利用して栽培する「完全密閉型」と、密閉状態の温室ハウスで太陽光を利用して野菜を育てる「太陽光利用型」です。

1. 完全密閉型

メリット

デメリット

2. 太陽光利用型

メリット

デメリット

上記のメリット・デメリットだけで種類を選択することはできません。導入の際は専門家に相談することをお勧めします。

設備・費用のことからビジネスの可能性まで無料相談受付中! 無料相談のお申し込みはこちら
ページのトップへ

現在地:トップページ植物工場とは