事例紹介

事例紹介

空き工場・廃校

空きスペースが新たなビジネスの場に!計画的な生産で大きな利益  

利用イメージ

廃校の校舎を利用した大型植物工場の場合
かつての教室に広がるのは一面のレタス畑。空気・温度・湿度・水・照明などはシステムにより制御されており、通常の運営・管理に必要なスタッフはごく少数。それも元々は野菜栽培の知識など何もなかった人間ばかりです。

露地栽培では虫や土の状態・天候の変化などに常に注意していなければなりませんが、ここではそんな心配は一切不要。いつでも一定の環境が保たれており、従来の農作業のような過酷さはありません。

レタスは各スペースごと種まき時期をずらして計画的に栽培。そのため定期的に一定量を出荷することができ、安定した収益を上げることが可能です。また、天候によって生産量を左右される露地物と違って同一価格で供給ができるため顧客にも喜ばれます。

目的と可能性

対象

企業・自治体・教育機関など

魅力

設備・費用のことからビジネスの可能性まで無料相談受付中! 無料相談のお申し込みはこちら
ページのトップへ

現在地:トップページ ≫ 事例紹介 ≫ 空き工場・廃校