事例紹介

事例紹介

屋外の空きスペース

設置費用を抑えた企業向け植物工場。栽培データ収集にも最適!  

利用イメージ

企業の実験・モデル施設の場合
食品加工会社の駐車場の一角に設置されたコンテナ。その中は、高度に環境制御された最新の野菜工場!
植物工場市場への参入を検討しているが、最初から大規模な工場で始めるにはリスクが大きい・・・。そんな場合にお勧めなのがコンテナを使用した小規模な植物工場です。駐車場などの空きスペースを活用でき、設置コストが抑えられることが最大の魅力となっています。

ISO規格のコンテナを利用しており、日本中はもちろん世界中に運搬が可能。また、断熱性と機密性に優れたコンテナなので場所を選ばず寒冷地でも利用することができます。野菜の栽培風景を見せながら協力会社を募ったり、イベントの集客や野菜・食品の安全性を訴えるのにも効果的!

多くのセンサーを駆使し、IT機器と連動させることで最先端のハイテク植物工場を実現することも夢ではありません。環境と成長速度・生産量等のデータや栽培ノウハウを大型植物工場に転用することができるため、植物工場ビジネス成功の可能性も高くなると言えるでしょう。

目的と可能性

対象

企業・研究機関・公的機関・食品産業など

魅力

設備・費用のことからビジネスの可能性まで無料相談受付中! 無料相談のお申し込みはこちら
ページのトップへ

現在地:トップページ ≫ 事例紹介 ≫ 屋外の空きスペース