知らなきゃ損! 美味しい野菜が簡単に作れる水耕栽培の仕組みとは?

投稿:べジッタ| 公開日:


「家庭菜園は手間がかかるから」と思って諦めているあなた!
最近話題の水耕栽培を始めて見ませんか?
水耕栽培は、土を使わないで作物を育てる栽培方法で、土を使う時よりも手間がかからず、土を使う時よりも元気に作物を育てることができるというのが大きな特徴です。
しかも、自宅の限られたスペースで手軽に始めることができます。

水耕栽培なら、忙しいあなたでも簡単に美味しい野菜を作ることができますよ。
だんだんあなたも水耕栽培に興味が出てきましたか?
ではそんなあなたのために、本日は水耕栽培の仕組みについてご紹介致しましょう。

培養液だけで栽培する

「植物なのに土が無くて何で育つの?」と思いますか?
水耕栽培は水と液体肥料を混ぜた培養液を使って行なう栽培方法です。
ですから、土が無くても作物に栄養をしっかり送ることができます。
培養液を使えば、栄養を偏りなくすべての作物に送ることができるため、安定した質と量の作物を収穫することができるのです。
水耕栽培を始めれば、毎日取れたての野菜を食べることができますよ!

作物を作る環境を常に良い状態に保てる

ベランダにプランナーを並べて作る家庭菜園は、日当たりや天気に大きく左右されますよね。
こまめに世話をしてあげないと簡単に枯れてしまいます。
しかし水耕栽培は、作物が育つ環境を機械によって整えることができるのです。
「水耕栽培キット」や「植物育成用ランプ」を使えば、外の環境に左右されないで360日美味しい野菜を育てることができますよ。

作物のストレスを軽減できる

私たち人間はストレスを感じると疲れ切ったり、病気になったりしますよね。
実は植物も同じなのです。
植物は土から栄養を吸い上げて大きくなるために一生懸命頑張っています。
隣に植えられた植物と栄養を分け合うことも必要なので、大きさが変わってしまうこともあるでしょう。
水耕栽培ではそれぞれの植物に均等に栄養が送られます。
ですから、作物は生存競争によるストレスを受けずに大きく育つことができるのです。

いかがでしたか?
水耕栽培には、「作物を簡単に美味しく育てるための仕組み」が隠されています。

  • 培養液だけで栽培する
  • 作物を作る環境を常に良い状態に保てる
  • 作物のストレスを軽減できる

この3つが、今注目されている水耕栽培の仕組みなのです。
あなたも自宅で水耕栽培に挑戦してみませんか?
水耕栽培ドットネットでは、初めて水耕栽培を始めるあなたを全力でサポートします。
水耕栽培に必要な器具や肥料の販売を行なっていますので、是非お気軽にご相談ください。