自宅が小さな菜園に! 水耕栽培のメリットとは?

投稿:べジッタ| 公開日:


水耕栽培どっとネット『野菜・植物情報局』のベジッタです。

近年、偽装表示問題やPM2.5などの公害問題が取沙汰され、食の安全への関心が高まっています。
そこでオススメなのが自宅で手軽にで始められる水耕栽培です。
栽培用のランプを使うことで室内で育てることもできるため、公害の影響を受ける心配もなく、安心して食べることのできる野菜を育てることができます。

水耕栽培のメリットは?

水耕栽培とは土を使わずに専用の液肥を利用して栽培する方法です。
今話題の野菜工場もこの方法によって栽培されています。
水耕栽培には、従来の土で作物を育てる方法では得られない様々なメリットがあるのです。

1.手間がかからない!

土耕栽培の場合、栽培用の畑の用意・土作りなど、準備が大掛かりとなってしまいます。
しかし、水耕栽培は部屋のちょっとしたスペースで気軽に始めることができ、準備も専用のキットに水を入れ肥料を混ぜるだけです。
毎日の水やりも必要なく、1~2週間に一度、養液を補給するだけで簡単に作物を育てることができます。

2.連作障害が起こらない!

土で植物を育てる場合、連鎖障害といって、毎年同じ植物を同じ場所で育てると植物の生育が遅くなったり病気が発生することがあります。
そのため、毎年違う野菜をローテーションして育てていく必要があるのです。
水耕栽培では養液入れ替えることで簡単にリセットできるため、何度でも同じ野菜を育てることができます。

3. 安心・安全な野菜が作れる!

水耕栽培は土を使わないため、雑菌や害虫などがつきにくく、農薬を使用することなく野菜を育てることができます。
また、室内で管理できるため、天気や自然災害の影響を受けることなく、公害などによって汚染されてしまう心配もありません。
収穫した野菜を軽く洗うだけですぐに食べることができます。

一体どんな野菜が育てられるの?

植物によっては広いスペースが必要になるものもありますが、土の中で育つもの以外なら基本的にどんなものでも栽培することが可能です。
これから始められる方には、トマト・ピーマン・イチゴ・きゅうり・かぼちゃ・えんどう豆・さやえんどう・ほうれん草・レタス・ふだん草・唐辛子・ブロッコリーなどをオススメします。
その他にも、ハーブやお花・観葉植物を育てることが可能です。

必要なものは?

  • 水耕栽培を始めるには以下のものを用意する必要があります。
  • 水耕栽培システム
  • 肥料・サプリメント
  • 植物栽培用ランプ(太陽光を得られない場合)
  • 培地(ロックウールやハイドロボール)
  • その他アイテム(pH/肥料濃度計測器など)

水耕栽培を始めるために必要なものがセットになった商品も販売されており、簡易的なものなら1,500円程度で揃えることが可能です。
本格的なキットを揃える場合には、初期費用が高くなってしまうものもありますが、一度揃えてしまえばずっと使い続けることができるため、長期的に見れば土耕栽培よりも費用はかかりません。

いかがでしたか?
家庭菜園というと「大変そう」と思うかも知れませんが、水耕栽培なら初心者の方でも手軽に始めることができるのです。
食の安全に関心をお持ちの方は、水耕栽培を利用してご自分で安心安全な野菜を作るという選択も考えてみてはいかがでしょうか?

もし、この記事が参考になったらシェアしてもらえると嬉しいです☆