ちょい足しで野菜をもっと美味しく♪ これであなたもサラダ美人!

投稿:べジッタ| 公開日:


こんにちは。
水耕栽培どっとネット『野菜・植物情報局』のベジッタです。

生野菜をたっぷり食べようと思ったら、まずはサラダが思い浮かびますよね。
家で作ろうと思ったら、野菜を洗って切って盛り付けて、最後に好みのドレッシングをかけ、完成!

簡単で手軽なのはいいのですが、毎回これだとちょっと物足りないとは思いませんか?

そこで今回は、少し”ちょい足し”するだけで、いつものサラダが栄養価も味もグンとレベルアップする方法をご紹介。
美味しく野菜をいただいて、カラダの内側から美しくなりましょう!

おすすめのちょい足し食材

1. ナッツ類

いまやビューティーフードとしてすっかり有名になったアーモンドやクルミなどのナッツ類ですが、野菜との相性も抜群です。
これはサラダに軽く砕いてかけるだけ。良質なオイルが摂れるとともに、香ばしさと歯ごたえが加わることでいつものサラダがさらに美味しくいただけます!
時間がある際はアルミホイルを敷いたオーブントースターで軽くローストしてから使うのがおすすめ。
焼きたてのナッツはなんとも言えないいい香りがするんです。

2. オリーブオイル

ドレッシングの量を減らしたい時におすすめなのがこちら。
美容と健康にいいのはもちろんですが、オリーブオイルのもつ香りとコクが野菜のおいしさを引き出してくれます。
火を通さずに使うオイルは、ぜひ良質なものを使ってくださいね。

3. レモン汁やバルサミコ酢

ドレッシングには油分や塩分が多く含まれる場合があります。
そんな時はこうした”酸っぱい”調味料をちょい足ししましょう。
さっぱりいただけるだけでなく、塩分の摂りすぎも防ぐことができます。
自然とドレッシングの量が減らせるので、是非お気に入りの組み合わせを見つけてみてください。

4. ちりめんじゃこ

クエン酸と食べることでカルシウムが効率的に摂取できるじゃこは、ドレッシング類との相性バッチリ!
適度な塩分とお魚の旨味成分が含まれているので、よく噛んで味わいましょう。
意外とナッツ類とも良く合うので、ぜひともごはんだけでなく野菜のトッピングとしても使っていただきたい食材の一つ。

他にもクコの実や糸唐辛子など、見た目にも鮮やかな「赤」のちょい足しもおすすめです。
「彩りがいまいちパッとしないなぁ・・・」という時、かなり助かりますよ!

たとえば、
アーモンド・じゃこ・オリーブオイル・レモン汁をちょい足しすると・・・

サラダ

 

写真はシーザーサラダですが、見ても分かるようにドレッシングはほんの少ししか使っていません。
トッピングのおかげでうまみたっぷり。
カロリーダウンな上に栄養価はアップという、まさにいいとこ取り!

あなたもこの機会に”ちょい足し”で、おいしいサラダ生活はじめてみませんか?

もし、この記事が参考になったらシェアしてもらえると嬉しいです☆