「ナッツは太る」は間違い?! ナッツの驚くべき美容・ダイエット効果!

投稿:べジッタ| 公開日:


ナッツ

暖かくなっていくにつれ、「ダイエットしなくちゃ!」と思う人も増えてきますよね。
でも空腹を我慢したり、甘いおやつを控えたりするのはかなり辛い。 そんなときにおすすめなのがナッツです。
太りやすいというイメージがありますがそれは間違い。
ナッツにはダイエットに有効な成分がギュッと詰まっているのです。
今回はそれをご紹介しましょう。

ナッツの油分はダイエットの強い味方

アーモンドやカシューナッツに代表されるナッツは、植物の種子です。
その小さな粒の中に発芽に必要なエネルギーがギュッと詰まっているのですね。
その代表が油分。油分はダイエットの大敵と思われがちですが、油分は美しく艶やかな髪や肌を作るのに欠かせません。
また、ナッツに含まれる油分は植物性油ですから、動物性の油分に比べると体をきれいにしてくれる成分が豊富、といわれています。
油分を多く含んだナッツは腹持ちが良く、間食として食べると次の食事までのほどよいつなぎになります。

食物繊維、ビタミンも豊富

ナッツに含まれている栄養素は油分だけではありません。
便通を良くし、血糖値の上がりすぎを防いでくれる食物繊維や若返りのビタミンとも呼ばれるビタミンEが豊富に含まれているのです。
つまり、ダイエットだけではなく美容の強い味方でもあるのですね。
モデルや女優さんなどの「美」を大切にする職業の方々は小腹がすくとよくナッツをつまむというのもうなずける話です。

甘いもの好きの方はドライフルーツをご一緒に

「でもナッツは塩味のものばかりでしょう。やっぱり甘いものが食べたい。」という方にはドライフルーツを一緒に食べることをお勧めします。
天日に干したぶん甘みと栄養素がぐっと凝縮されたドライフルーツは、ビタミンCや葉酸こそ失われていますが、カリウムやマグネシウム、それに他のビタミンが豊富で甘みも生の時よりは増しています。
100グラム当たりのカロリーが生の時よりも高くなっているのは水分が抜けて軽くなったためで、カロリーそのものが増えたわけではないので安心してください。

でもやっぱり食べすぎには注意

このように良いことづくめのナッツですが、やはり食べ過ぎればカロリーの摂りすぎになってしまいます。
ダイエット中のおやつとしての目安は1回あたり10グラム。
アーモンドなら8粒、クルミならば1.5個、カシューナッツでは7粒くらいです。
「意外に少ない?」と思いがちですが、ナッツは硬く食べごたえがありますから一粒ずつよく噛んで食べてみましょう。意外と満足できますよ。

また、ドライフルーツと一緒に食べるのならば、ドライフルーツとナッツ、合わせて20グラムを目安にしてみましょう。
たとえばアーモンド10グラム59kcalとレーズン10グラム30kcalを食べると合わせて89kcal。
桜餅1個と同じカロリーです。
でも、満足度と食べごたえはナッツとドライフルーツのほうがあるでしょう。

いかがでしたでしょうか?
ダイエットは我慢してばかりでは続きません。
おやつに、息抜きに、ぜひナッツやドライフルーツを食べてみてくださいね。

もし、この記事が参考になったらシェアしてもらえると嬉しいです☆