食べてキレイに☆オリーブオイルで作る美人の常備菜

投稿:べジッタ| 公開日:


こんにちは。
水耕栽培どっとネット『野菜・植物情報局』のベジッタです。

You are what you eat.
「あなたは食べたものでできている」

言わずと知れた、英語の古いことわざです。

皆さんの周りにこんな方はいませんか?

『笑うだけでその場がパッと華やぐ』
『ただ歩いているだけなのについ目をやってしまう』
・・・簡単に言えば、美人のことです。

綺麗な方には人を引きつけ、その場の空気をも変えてしまう独特の”オーラ”がありますよね。
さて、一体彼女達の持つ魅力はどこから来るのでしょうか?

ここで皆さんに思い出してほしいのが、先ほどのことわざです。
そう、私たちは、自分自身が食べたものでできているのです。
つまり、美しくなることの近道はまず、食生活の見直しからのスタートなのです!

とはいうものの・・・
忙しい毎日を送る働き女子にとって、毎日毎食気を使うなんてなかなか難しい。中には自炊を普段していないという方も多いのでは?

そこで今回、旬の野菜を使った超がつくほど簡単な常備菜の作り方をご紹介したいと思います。
いろいろとアレンジがきくレシピなので、知っておくと必ず重宝しますよ~♪
最近改めて注目が集まる美容には必須の良質な油、オリーブオイルを使った常備菜はこちら!

用意するのは

  • 耐熱容器(タッパーだと便利)
  • 好きな野菜
  • オリーブオイル
  • クレイジーソルト

たったこれだけ!

え?と思うかもしれませんが、料理はシンプルイズベスト。あくまで簡単にちゃちゃと済ませちゃいましょう♪

作り方

  1. 野菜を食べやすい大きさにカット
  2. 容器に入れてオリーブオイルを回しかけ、レンジで火が通るまで加熱
  3. 熱いうちにクレイジーソルトをかけて、全体を軽く混ぜる
  4. 冷蔵庫で保存の場合は粗熱をとる

これで完成なんです!思ったより簡単で、すぐにできそうでしょ?笑

こちらのレシピ、加熱の際に料理酒や白ワインなどをちょっと振って、最後の仕上げのときにレモン汁をかければ、即席温野菜サラダに。
レモンを加えることで野菜のもちもぐっとよくなります。

注意して欲しいのは、アクが強い野菜は避けるということ。
私のおすすめは、キャベツ・菜の花・しめじ・なめこ・エリンギ・にんじん・ブロッコリー・たまねぎ・白ねぎ・・・などなど。
特に意外かもしれませんが、なめこがかなりこの調理法で美味しくいただけます!
いろいろ試してお気に入りを見つけてくださいね。
野菜によって乾燥バジルやオレガノを加えたりすると、バルで出てくるようないいおつまみにもなります。

ブロッコリー

これは先日スーパーで安売りしていたスティックセニョールを使ったもの。
お気付きかもしれませんが、この調理法だと驚くほど野菜がキレイな色になるんです!

食べる時にポン酢やバルサミコ酢・醤油・めんつゆなんかをちょろっとかけたり、とけるチーズを乗っけてもう一度チンしても美味しいですよ♪

いきなり全部の食事を変える必要はありません。
まずは不足しがちな野菜を意識的に取り入れることから始めましょう。
この時、抗酸化化用のあるオレイン酸を含むオリーブオイルをたっぷりの野菜と摂ってください。
そうすれば確実に、錆びない美しさは少しずつあなたのものになっていきますよ!

もし、この記事が参考になったらシェアしてもらえると嬉しいです☆